弘前大学と、慶應義塾大学発のバイオベンチャー企業「ヒューマン・メタボローム・テクノロジーズ」(山形県鶴岡市)は、共同研究講座「メタボロミクスイノベーション学講座」を開設した。弘大が誇る岩木健康増進プロジェクトの健康ビッグデータと同社の革新的メタボローム解析技術を組み合わせて、心と体の健康を守る指標を見つけ出す。さらにこの指標から健康状態予測モデルや、さまざまな疾患リスク予測モデルの構築につなげ、実用化を目指す。
【写真説明】共同研究講座「メタボロミクスイノベーション学講座」の設置開設を祝う関係者たち

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。