5月の県内は高気圧に覆われ晴れる日が多く、平均気温が平年よりかなり高くなった。25~27日は各地で最高気温が30度を超える真夏日となるなど軒並み気温が上昇し、弘前市を含む20観測地点で同月の最高値を記録した。少雨・多照が続き、同市では降水量が17・5ミリで統計が始まった1976年以降2番目に少なく、日照時間は303・4時間で過去最長となった。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。