弘前市と青森市に店舗を持つ家具店「RandBEAN(ランドビーン)」が、かねて準備を進めていた工房兼ショールームが9日、弘前市小沢にオープンする。岩木山を望むリンゴ園に囲まれたロケーションは、リンゴ小屋からスタートした同社の原点。店内のガラス張りの窓からは工房で家具が作られる様子を見ることができ、注文した家具の色塗り体験も検討中で、作り手・顧客双方がじっくりと家具に向き合える空間で、新たなスタートを切る。
 ランドビーンは代表の佐藤孝充さん(36)が、アンティーク家具店での修業などを経て29歳の時に立ち上げた。以降、古材を生かしたオリジナルの家具や人気ブランド家具が評判で店舗数を拡大。一時は弘前市や青森市、五所川原市に最大4店舗テナント出店したが、忙しさで社員も余裕がなくなっていく中、「スタッフの働きやすい環境をつくりたい」と、自社物件での店舗をオープンすることにした。
 営業日はスタッフの負担などに考慮し、当面は月、金、土、日曜日の週4日、時間は午前10時~午後6時。「ロケーションも含めて癒やしの空間。気持ちの余裕はいい家具作り、いい接客にもつながる」と佐藤さん。
 初日は午前11時からイベントを開催し、コーヒーやかき氷などの出店もある。「一人でも、家族連れでも、ふらりと立ち寄れる店に」と笑顔を見せた。
【写真説明】カウンター(右)越しに、工房の様子を見ることができる店内

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。