県指定管理鳥獣管理対策評価科学委員会が4日、青森市で開かれた。森林生態系に悪影響を及ぼすとされるニホンジカについて、県は白神山地周辺地域(鯵ケ沢町、深浦町、西目屋村)と三八地域で昨年度実施した指定管理鳥獣捕獲等事業の結果を説明。銃猟で7頭捕獲したが、目標の53頭を大きく下回った。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。