自民党県連(江渡聡徳会長)は3日、今夏の参院選に向けた選挙対策本部を立ち上げ、組織を挙げて党公認で出馬する現職滝沢求氏の再選を目指すことを確認した。江渡会長は「どんなことがあっても勝利の二文字をつかまえる。それが最大の目標」とし、県連役員に支持拡大に向けた活動の徹底を求めた。

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。