第21回津軽路ロマン国際ツーデーマーチ最終日の2日、プロバスケットボールBリーグ2部(B2)「青森ワッツ」の選手5人が5キロ「さくらちゃんコース」に参加し、ブースター約80人と交流を深めながら一緒にゴールを目指した。
 ワッツ選手の参加は連続4回目。参加選手の中で唯一の本県出身者である野里惇貴選手(八戸市出身)をはじめ、鮫島和人選手、菅俊男選手、初参加の臼井弘樹選手と會田圭佑選手の5人が参加した。
【写真説明】ワッツの選手はブースターと交流を深めながら完歩した=5キロ「さくらちゃんコース」

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。