東北社会人サッカーリーグ1部のブランデュー弘前FCは2日、弘前市運動公園球技場で行われた第3節に臨み、盛岡ゼブラ(岩手)と対戦。高橋佳が前半だけで5点を挙げるなど10―1で大勝し、首位に立った。2位いわきFC(福島)と勝ち点、得失点差で並ぶが、総得点で上回った。
 ブランデューは前半1分、高橋が相手守備がはじいたボールを押し込んで先制。高橋はその後も立て続けにゴールネットを揺らし、大量リードで折り返した。
 後半も勢いは止まらず、根本直弥が相手ゴールキーパーをかわし6点目。途中出場の早乙女達海もハットトリックを達成するなど、相手を終始圧倒した。
 次節は16日、弘前市運動公園球技場で5位FCプリメーロ(福島)と対戦する。
【写真説明】ブランデューは前半9分、高橋佳選手(左)が早々と3点目を決め、ハットトリック達成=弘前市運動公園球技場