6月2日投開票の知事選で5選を目指す無所属現職の三村申吾候補(63)=自民党県連、公明党推薦=が4期16年の実績から県政継続を訴える一方で、無所属新人の佐原若子候補(65)は多選批判を強め三村陣営と応酬を繰り返してきた。県民からは賛否両論の声が聞こえる。
 本県の知事の当選回数は、三村氏のほかに竹内俊吉(1963~79年)、北村正●(79~95年)両氏の4回が最多。全国で当選5回以上(31日現在)の現職知事は石川(7回)、大分、徳島、兵庫(いずれも5回)の4氏のみとなっている。
※●は「哉」の「ノ」なし
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。