第72回県高校総合体育大会は31日、青森市のマエダアリーナで総合開会式を行い、開幕した。「一瞬 一秒 勝利の元へ」の大会スローガンの下、6月3日までの4日間、県内13市町村で27競技(先行開催し終了した8競技を除く)が行われる。県内74校から1万7715人が参加し、高校生アスリートがインターハイの出場権や県王者の栄冠を懸けて熱戦を繰り広げる。
 総合開会式には72校から2066人が参加。入場行進では五所商を皮切りとして、各校の選手団が校旗や横断幕を手に堂々の行進を見せた。
 31日は5競技が行われ、体操は女子団体総合で聖愛が12年連続40度目の優勝。サッカー男子は3回戦が行われ、東奥義塾がベスト8入りした。
 第2日の1日は27競技が行われる。
【写真説明】堂々と入場行進する選手団=マエダアリーナ

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。