受動喫煙対策を強化する改正健康増進法が行政機関などで7月1日から施行される。これに伴い、弘前市役所は、駐輪所に設けていた屋外喫煙所を6月末に撤去し、庁舎敷地内は駐車場を含めて全面禁煙とする。
 2020年4月1日全面施行の改正健康増進法は段階的に施行され、7月1日から学校や病院、行政機関などは原則敷地内禁煙が義務化され、新たに罰則が設けられる。加熱式たばこ、電子たばこも喫煙は不可。
 喫煙所については、一定の要件を満たせば屋外に設置可能だが、設置には経費負担が生じることもあり、市が新たな喫煙所を設ける予定はないという。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。