「プロ野球選手になって、地元で野球ができる。感謝の気持ちでいっぱいです」と埼玉西武ライオンズの外崎修汰選手。高校時代、数々の好敵手としのぎを削った弘前市営球場の懐かしさ。プロ野球仕様に生まれ変わったはるか夢球場の目新しさ。“凱旋(がいせん)試合”では安打こそなかったものの、犠飛で2点目を挙げチームの勝利に貢献し「最低限の仕事はできた」と振り返った。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。