首都圏に設置した本県の移住相談窓口「青森暮らしサポートセンター(略称・あおぐら)」が2018年度に受け付けた相談件数は延べ1069件、アンケートで確認できた本県への移住決定者は49件83人に上り、ともに窓口が開設された14年度以降で最多となった。
 同センターの澤千絵移住・交流相談員が28日、青森市で開かれたあおもり移住・交流推進協議会で報告した。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。