「北海道・北東北の縄文遺跡群」の世界文化遺産登録を見据え、県は27日、今後の取り組みの指針とする「(仮称)青森の縄文遺跡群活用推進ビジョン」の策定作業に着手した。遺跡群の保存管理や人づくり、情報発信などの柱立てで議論し、年内には取りまとめる予定。策定後はビジョンに基づく取り組みを進め、世界文化遺産登録に備える考えだ。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。