田舎館村役場に隣接する田んぼアート第1会場で26日、恒例の田植え体験ツアー(村むらおこし推進協議会主催)が行われた。青空の下、参加者は約15ヘクタールの“水田のキャンバス”に、爽やかな汗を流しながら力を合わせて苗を手植えした。見頃は7月中旬から8月中旬まで。
 同会場のテーマはNHK連続テレビ小説「おしん」より、7歳の谷村しん(小林綾子さん)が奉公のために両親の元を離れ川を下っていく場面を7色の稲を使い、再現する。
【写真説明】青空の下、約1300人の参加者が田植えに汗を流した

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。