弘前観光コンベンション協会(三上千春会長)は26日、「弘前ねぷた本」の出版を記念した講演会を弘前市土手町の弘前パークホテルで開いた。同書編さん委員長の成田敏さん(元県立郷土館学芸課長)が講師を務め、ねぷたの歴史や伝統行事としての意義について解説した。
 「弘前ねぷた本」は今月25日に発売。成田さんら編さん委員が中心となって執筆が進められ、2016年から3年をかけて出版に至った。26日はねぷた団体の関係者や市民100人以上が参加した。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。