25日の県内は高気圧に覆われ、各地で気温が上がった。弘前で30・6度を記録するなど、観測地点全23カ所のうち8カ所で今年初の真夏日となった。
 青森地方気象台によると、弘前を除く7カ所の最高気温は五所川原31・5度、八戸31・4度、三戸と青森30・7度、鯵ケ沢30・5度、三沢30・2度、十和田30・1度で、いずれも平年より10度前後高かった。五所川原、鯵ケ沢を含む5カ所では5月の最高気温を更新した。
 真夏のような暑さとなった同日、弘前公園では暑さをしのごうと、屋台でアイスを買い求める市民らの姿が見られた。
 同気象台によると、この暑さは27日ごろまで続く見込み。
【写真説明】真夏のような暑さの中、涼もうと屋台でアイスを買う家族連れ=25日午後0時40分ごろ、弘前公園

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。