弘前大学(佐藤敬学長)の2018年度学部卒業生の就職率(5月1日現在)は98・7%で、1984年度以降最高だった前年度の99・1%に次ぐ歴代2位となったことが24日、分かった。業種別では公務員(医療・教員を除く)、医療・福祉、教員の順となり、安定志向が続いている。県内就職率は前年度比1・3ポイント増の29・2%となり、前年に続き改善が見られた。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。