黒石市がブランド化を目指し、昨年復活デビューしたすし米「ムツニシキ」の田植え体験が23日、市内の水田で行われた。県すし業生活衛生同業組合(村本信一理事長)加盟店の職人らが苗を丁寧に手植えし、農家の苦労を肌で感じながら豊作を願った。
【写真説明】ムツニシキの苗を手植えするすし職人ら

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。