弘前市議会改選後の正副議長ポストは、「木揚公明」が「創和会」などと連携する形で獲得。両会派が改選前に最大会派を形成し、正副を独占していた状況から実質的に変化はなかった。ただ、過去に見られた各会派の激しいポスト争いは表面化に至らず、改選前の「前市長派」対「現市長派」の構図から変化も見られている。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。