知事選が告示されてから初の選挙サンデーとなった19日、無所属新人の佐原若子候補(65)は大票田の県都・青森市で街頭演説を重ね、無所属現職の三村申吾候補(63)=自民党県連、公明党推薦=は公務をこなしながら津軽地方を奔走した。両陣営とも国会議員らが“援護射撃”し、公約や三村候補の実績をめぐり激しく応酬した。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。