JR東日本の次世代新幹線試験車両「ALFA―X(アルファエックス)」が19日、走行試験で青森県内に入り、新青森駅で報道陣に公開された。同車両は今月10日から東北管内で走行試験を行っているが、本県入りは同日が初めて。5月中に本県での走行試験は全4回行われる予定。
【写真説明】新青森駅に初めて乗り入れた次世代新幹線試験車両「ALFA―X」=19日午前1時55分ごろ

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。