八甲田エリアのスキー客をはじめとした外国人観光客(インバウンド)の受け入れ体制強化を図ろうと、黒石市は今年度、「インバウンド観光推進」と「黒石温泉郷誘客促進」の二つの新たな事業に取り組む。インバウンドのリピーター層は地方都市に流れており、昔ながらの温泉郷やこみせなど日本の伝統的な資源を多数有し、八甲田から至近距離にある同市にとっては大きな好機。弱点である情報発信の課題克服と、温泉郷のブランディングで、インバウンドの誘客を目指す。
【写真説明】黒石温泉郷などの観光資源を強みに、八甲田を訪れる外国人スキー客らの滞在場所として選ばれる地域を目指す黒石市

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。