つがる市観光物産協会は、同市の亀ケ岡石器時代遺跡から出土した遮光器土偶をかたどった「しゃこちゃん」のキーホルダーとストラップを開発し、20日から市内8カ所で限定販売する。金、銀、赤、茶の4色8パターンがあり、一つ税込み1000円。縄文遺跡群の世界遺産登録を見据えて機運を高めたい考えだ。
 キーホルダーとストラップはJR木造駅観光案内所、市農産物直売所、道の駅もりたアーストップ、道の駅もりた隣の「おらほのめへ」、村おこし拠点館フラット、柏ロマン荘、つがる地球村「藤山邸」、稲垣温泉ホテル「花月亭」の8カ所で合わせて1000個限定販売する。人気が出れば追加制作も検討するという。
 協会事務局で市商工観光課の藤森友香係長は「ぜひつがる市に足を運んでお買い求めください」と呼び掛けている。問い合わせは同課内の協会事務局(電話0173―42―2111)へ。
【写真説明】つがる市限定販売の「しゃこちゃん」キーホルダー4色

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。