26日に行われる田舎館村名物「田んぼアート」田植えツアーを前に16日、村役場隣にある第1会場の水田で、アート作りのための測量とヨシの茎打ち作業が始まった。好天に恵まれ、村職員らは今年のテーマ「おしん」の設計図に合わせ、慎重に“下絵”作りを進めた。
 初日は村職員約40人が測量機器などを使って作業を行い、「もう少し役場側に寄せて」「右の足元に打って」などの指示通りにヨシの茎を打った。
【写真説明】測量機器を使い、正確なポイントを指示して下絵作りを進める職員たち

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。