弘前市の第五中学校で、誰がしたためたか不明のまま引き継がれてきた校歌の歌詞が、弘前高校の名物校長として知られた小田桐孫一氏(1911~82年)の直筆と判明した。小田桐氏は五中校歌の作詞を手掛けており、関係者は「大変敬愛された小田桐先生の直筆と分かり、驚くと同時に大変うれしく思う」と喜んでいる。
【写真説明】小田桐氏の直筆であることが判明した五中の校歌の歌詞

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。