農薬や化学肥料を半減した特別栽培の県産米「青天の霹靂(へきれき)」の田植えが15日、平川市西野曽江の工藤憲男さん(67)=津軽みらい農協特A米プレミアム研究会長=の水田で行われた。県中南地域県民局農業普及振興室によると、青天の霹靂の田植えは20日前後にピークを迎える見込み。
【写真説明】工藤さんの水田で行われた青天の霹靂の田植え

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。