弘前学院大学(●岡利忠学長)と青山学院大学(東京都、三木義一学長)は15日、弘前学院大学で両大学の連携・協力に関する協定調印式を行った。青山学院大学が地方大学と協定調印をしたのは初。三木学長は今回の提携に対し「地方再生を目指し、地方や海外に出て行く人材を育てたい」と期待を寄せた。
 両大学はともにプロテスタント・メソジスト派の信仰を基にしたミッションスクール。弘前学院大学を創立した本多庸一が青山学院の第2代院長だったほか、第6代院長阿部義宗、第7代院長笹森順造がともに弘前市出身だった縁もあり、協定調印に至った。
 協定は(1)学生の交流(2)教員および研究者の交流(3)プロジェクト研究およびシンポジウムなどの共同実施(4)学術研究資料、刊行物、情報などの活用(5)その他両大学が必要と認める事項―で連携・協力するとの内容。まずは青山学院大学に新設された「コミュニティ人間科学部」との連携が想定されている。
【写真説明】協定を締結した(左から)三木学長と●岡学長
※●は、吉の士が土

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。