弘前市の大和沢小学校(二本柳淑実校長)の6年生10人は開校記念日の15日、学校付近の鷲の巣山山頂で岩木山に向かって「決意表明」し、自分の夢や希望を一人ずつ声を張り上げて宣言した。
 決意表明は創立50周年を記念し2007年から実施。鷲の巣山には同市出身で明治期に活躍したジャーナリスト陸羯南(くがかつなん)が詠んだ「名山名士を出(いだ)す」から始まる「名山詩」が刻まれた石碑が建立されており、児童たちに詩に書かれた天下の賢(世の中のために尽くす偉人)を目指してほしいと毎年行っている。
【写真説明】「夢に向かって頑張るぞ」と叫び、拳を突き上げる児童たち

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。