14日の県内は、高気圧の影響で気温が上昇し、弘前市では最高気温が7月上旬並みの24・9度を記録した。津軽地方のリンゴ園地では、授粉を助けるマメコバチが活発に飛び回る中、生産者らが摘花作業に励んだ。
【写真説明】青空の下で摘花作業や授粉が進められたリンゴ園地=14日午前10時半ごろ、弘前市新法師

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。