県内唯一の教科書特約供給所である弘前市外崎3丁目の青森県図書教育用品(今泉良郎代表取締役)で13日、県内の小・中学校、高校で使われている文部科学省検定済教科書約800種類を展示・販売する「第3回教科書閲覧会」が始まった。人気の高い地図帳、今年度から中学校で教科化された道徳の教科書なども並び、同社は来場を呼び掛けている。入場無料、同社敷地内の倉庫で22日午後5時まで。
 同社の今泉規史常務取締役は「生涯学習の教材として、どんな方にも最適の一冊が見つかるはず。ぜひ来場してほしい」と呼び掛けた。
【写真説明】約800種類の教科書を展示・販売する会場で「少しでも興味のある方は気軽にお越しください」と来場を呼び掛ける今泉常務取締役

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。