第52回日本女子ソフトボールリーグ1部第3節青森大会は最終日の12日、弘前市のはるか夢球場でSGホールディングス―Honda戦とシオノギ製薬―太陽誘電戦の2試合が行われ、市民ら約600人が一流のプレーを楽しんだ。
 2日間の観客動員延べ人数は、2年前の弘前での日本リーグの約960人を上回る約1150人を記録。市民らは五月晴れの下、選手たちの一挙手一投足に注目し、試合後のサイン会などで交流を深めた。
【写真説明】試合後のサイン会で選手たちと交流する市民ら=12日、弘前市運動公園

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。