大津市で保育園児の列に軽乗用車が突っ込み、園児2人が死亡した事故を受け、弘前市内の幼稚園や保育園では、園児の散歩を一時中断しコースを再点検するなど、安全性のさらなる確保に努める動きが出ている。一方、今回の事故は園側が安全に配慮していた中で起きただけに「どうすれば防げたのか」との戸惑いを隠せず、子どもたちが安心して屋外で活動できる環境確保に社会全体で取り組む必要性を指摘する声も聞かれた。
【写真説明】保護者に引率されて帰宅する園児=9日、弘前市内

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。