「玉子とうふ」などで知られる弘前市の食品製造業かくみつ食品(工藤真也代表取締役)は今春、新たに納豆の製造・販売に乗り出した。大手納豆メーカーとの競合や後継者不足などで納豆製造元の廃業が相次ぎ、弘前市内でもゼロとなっていた中での挑戦。「地元津軽の納豆を」と定着を目指している。
【写真説明】かくみつ食品が新たに製造・販売を始めた「お岩木なっとう中粒」

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。