任期満了に伴う知事選(16日告示、6月2日投開票)に立候補する歯科医師の佐原若子氏(65)が8日、選挙公約を発表した。県内の地域医療を維持するための「県医療を守る条例」の制定を通じた短命県返上など、医療や福祉の充実を中心に重点政策20項目を掲げた。争点の一つと考えている原子力政策は、県独自の検証委員会を設置して情報を徹底公開するとした。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。