世界的に有名な英国の豪華客船「クイーン・エリザベス」が7日、青森港の新中央埠頭(ふとう)に初寄港し、乗客約1800人が市民らの歓迎を受けた。
 クイーン・エリザベスは全長294メートル、全幅約32メートル、総トン数9万901トン、乗客定員2081人。5日に横浜港を出発し、米国アラスカ州やカナダを28日間かけて回る。青森港を7日夜に出発後、8日に室蘭港(北海道)を経由し、アラスカ州の州都ジュノーやバンクーバー(カナダ)などを訪れる。
 7日朝、同埠頭では詰め掛けた市民が運行会社のロゴ入りの旗を、津軽海峡マグロ女子会は大漁旗をそれぞれ振るなどしてお出迎え。地元の高校生らも吹奏楽やねぶた囃子(ばやし)の演奏などで歓迎した。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。