任期満了に伴う知事選(16日告示、6月2日投開票)で5選を目指す現職三村申吾氏(63)=自民党県連、公明党推薦=が6日、5分野36項目にわたる公約を発表し、引き続き産業振興や雇用創出といった「経済を回す」仕組みづくりに注力する姿勢を示した。
 政策は「健康、暮らしなど」に9項目、「食と観光」に8項目、「多様な働き方」に8項目、「人づくり」に7項目、「行財政改革」に4項目。
 三村氏は同日、青森市で開いた会見で「それぞれの地域社会、分野において食えるようになる、この古里青森で生きられるということを、仕組みとして丁寧につくっていく」と述べた。雇用対策については、定住やUIJターンにつながる創業・起業の年100件以上を継続するとし、新たな分野での企業誘致を伸ばすとした。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。