リンゴの花と多彩なイベントを楽しめる「りんご花まつり」が6日、リニューアルオープンした弘前市りんご公園で開幕した。初日は大勢の市民や観光客が訪れ、咲き始めたリンゴの花やステージショーなどを満喫していた。
 祭りは弘前市りんご公園まつり事業実行委員会が主催。今年は、2014年から拡張整備が進められてきた同園のリニューアルオープンと同時に開幕を迎えた。
 同日午前に行われた開会式・リニューアルセレモニーでは櫻田宏市長が「祭りを通して生産量日本一を誇る弘前のリンゴの魅力を皆さんと共有できれば。さまざまな催しで、多くの人に笑顔になっていただきたい」とあいさつ。続いて関係者らが近隣のやまぶき保育園の園児と共にリンゴジュース入りのたるを使って鏡開きを行い、祭り開幕と施設リニューアルオープンを祝った。
【写真説明】関係者らがリンゴジュースのたるで鏡開きを行い、開幕を祝った

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。