弘前さくらまつりが開催されている弘前公園で4日、弘前発祥の八重桜「弘前雪明かり」が満開を迎えた。好天にも恵まれ9万人(まつり本部発表)が来園。遅咲きの桜は咲き始めの品種も多くあり、6日の祭り閉幕までさまざまな花を楽しむことができそうだ。
 園内では追手門付近の御衣黄が開花。ヤエベニシダレやカスミザクラ、東錦は満開になっている。
【写真説明】4日に満開を迎えた弘前公園ピクニック広場の弘前雪明かり=午前11時15分ごろ

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。