弘前市のコミュニティーFM放送局「FMアップルウェーブ」放送のラジオ番組「クラシックパーク」(毎週日曜日午前8~9時)が、12日放送分で1000回の節目を迎える。同局が開局した頃に始まった番組の一つで、津軽地方の音楽団体、個人によるクラシックのステージを紹介し続けて19年2カ月となる。番組スタート時からパーソナリティーを務める音楽ネットワーク弘前代表の今廣志さん(67)は「地道な努力のおかげで続けられた。喜ばしい限り」と声を弾ませた。
 同番組は同市を拠点に活動するNPO法人「コミュニティネットワークCAST」が制作。2000年3月12日に始まり、東日本大震災直後の11年3月13日以外、毎週の放送を欠かすことはなかったという。
 1000回目の放送では、今さんが弘前第二中学校の吹奏楽部顧問だった1982年に、今さん指揮の下、部員とOBで演奏した「1000年女王」のテーマ曲など、思い出深いステージも紹介する。
【写真説明】番組スタート時からパーソナリティーを務める今さん

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。