弘前市の岩木山麓にある常盤野農村公園でミズバショウが見頃を迎え、多くの市民らが足を運んで一面を彩る純白の花を楽しんでいる。
 同公園は「ミズバショウ沼公園」とも呼ばれ、古くから群生地として知られている。岩木山観光協会によると、今年は例年より早い4月中旬ごろから咲き始めたという。
 沼では雪解け水のせせらぎと水面(みなも)にきらめく陽光が、白くかれんなミズバショウの花を引き立てている。見頃は大型連休明けまで続く見込み。
【写真説明】見頃を迎えた常盤野農村公園のミズバショウ=2日午後1時35分ごろ

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。