県の「小児救急電話相談」(♯8000番)事業実施状況によると、2018年度の相談件数は8302件で、前年度と比べ約2000件多く、06年12月の事業開始以来過去最多となった。18年度から相談対応時間を拡充したことが大幅な増加につながったとみられる。大型連休の6日までは午前8時から翌朝8時までの24時間対応している。
 県のホームページでは、6日までの当番医体制や外来診療を行っている医療機関の一覧を掲載しており、県は「ぜひ活用してほしい」と呼び掛けている
 小児救急電話相談の一般ダイヤル回線は017―722―1152。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。