結婚などに吉とされる大安と改元初日が重なった1日は、多くのカップルが市役所などに婚姻届を提出する姿が見られた。
 弘前市役所本庁舎には休日ながら婚姻届専用の臨時窓口が設けられ、市民課職員が対応。業務開始時刻に合わせて訪れたカップルが待機し、順次届け出をした。
 臨時窓口に最初に婚姻届を提出した板柳町の団体職員高橋冬樹さん(27)、弘前市の同美咲さん(21)は「改元初日に出せば、この日を一生忘れないと思った」とはにかみ、バルーンや弘前さくらまつりの公式応援キャラクター「桜ミク」で飾られた特設スペースで記念写真を撮った。
【写真説明】令和初日に婚姻届を提出し、記念写真を撮るカップル=1日午前8時40分ごろ、弘前市役所

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。