黒石市東公園さくら山を会場に開かれていた黒石さくらまつりは30日、閉幕した。昨年の会期は21日~5月5日だったが、今年は早咲き傾向に対応して20~30日に短縮。会期中の人出は4万5000人(前年度比7000人減)となった。
 会場のソメイヨシノは22日に開花し、25~29日に満開。主催者の黒石観光協会は「人出の減少は会期を短くしたのが一番の理由だが、満開の時に天気が悪く気温が低かったのも理由の一つ」とした。
 祭りは閉幕したが、桜の見頃はまだ続いているため、3日まで露店営業とライトアップを延長する。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。