五所川原市の津軽金山焼(松宮亮二窯元)で春の陶器祭りが5月6日まで開かれている。新作の販売や大半値市、オークションなど多彩な催しが行われており、県内外から多くのファンが詰め掛けている。
 窯場ではオリジナル灯ろう作りや釉薬(ゆうやく)掛け、象嵌(ぞうがん)などの体験を行っているほか、豪華賞品が当たる輪投げや抽選会も人気を呼んでいる。3~6日は5000円の買い物で5000円の商品券が付いてくるラッキーバスケットが行われる。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。