弘前学院大学で27日、敷地内にある国重要文化財の弘前学院外人宣教師館と、同大礼拝堂の特別公開が始まった。1927年に日米間で盛り上がりを見せた人形交流事業をめぐって、今回は「青い目の人形と青森」をテーマとする企画展を開催。津軽地域で保管されていた人形8体を一堂に集めて紹介している。
 公開は29日まで。時間は午前9時半から午後4時まで。見学無料。
【写真説明】津軽地域に現存する青い目の人形8体が並ぶ会場

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。