弘前市のつがる弘前農協(工藤文明代表理事組合長)は、管内で生産される王林を機能性表示食品として5月から販売を本格化する。商品名は「プライムアップル!(王林)」で、パッケージに「内臓脂肪を減らす」と明記し、主に県外のスーパーや百貨店で通常の王林より3割高の価格で販売する見込み。同農協が販売する機能性表示食品のリンゴとしては、有袋ふじに続く2品種目。
 同農協のオンラインサイトで今月22日から6個入り2700円(税込み)で販売しており、県外の百貨店、スーパーでは5月の連休中から順次販売を開始予定。7月までに1万個の販売を目指す。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。