2014年度から拡張整備を行ってきた弘前市りんご公園が5月6日、リニューアルオープンする。中心施設の「りんごの家」を増改築し、体験学習コーナーやくつろぎスペースを新設。リンゴの生産園地面積と植栽本数もそれぞれ約2倍となった。リンゴ情報発信拠点としての機能が強化され、観光と農業振興両面での活用が期待される。
 りんごの家には、枝の剪定(せんてい)に使うはさみやのこぎり、リンゴの模型などの展示コーナーを設置。休憩や学習場所として利用できるくつろぎスペースも配置した。
 5月6日のリニューアルオープンに合わせて、同園では弘前りんご花まつりが開幕する。同12日まで。
【写真説明】リニューアルされた「りんごの家」の展示コーナーを視察する櫻田宏市長(右)

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。