百花繚乱(りょうらん)、城下町の春―。弘前さくらまつりが開かれている弘前公園で24日、園内と外堀、西濠西岸のソメイヨシノが満開を迎えた。園内の満開は平年より4日早く、昨年より1日遅い。花の見頃が最高潮となったことから、同日は18万人(まつり本部発表)の花見客が来園し、圧巻の桜絵巻を楽しんでいた。
 市公園緑地課が同日発表した「弘前公園さくら情報」によると、同日は西濠桜のトンネルが七分咲きとなり、25日には満開を迎える予想。このほか、本丸で御滝桜が満開、弘前城植物園でもオオヤマザクラが満開を迎えるなど、見頃は最高潮となった。
【写真説明】ソメイヨシノが満開を迎えた園内=24日午後3時30分ごろ、下乗橋

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。