27日に金木桜まつりの開幕を控えた五所川原市金木町の県立芦野公園で24日、津軽鉄道芦野公園駅付近の桜のトンネルが見頃を迎えている。鮮やかに咲き誇る桜と津鉄の走れメロス号の共演を写真に収めようと、大勢の観光客が足を運んでいる。
 同公園の桜は20日から咲き始めたが、まつり実行委員会は「好天が続いたため一気に咲きだした。場所によってはまだつぼみの所もたくさんあり、園内全体としては七分咲き。出店も急ピッチで準備を進めているので、たくさんの方に来ていただきたい」としている。
【写真説明】見頃を迎えている芦野公園駅付近の桜のトンネル