鯵ケ沢町の友好都市・岩手県久慈市に、弘前藩の始祖大浦光信と初代藩主津軽為信との関係を紹介する看板が3月末に設置された。南部氏の一族で久慈出身、後に種里(現在の同町種里地区)に入部した光信、諸説あるものの同じく久慈出身とされる為信とのゆかりを記しており、同町関係者も「津軽と南部の歴史に関心を持ってもらうきっかけとなれば」と期待を寄せる。24日には設置場所の同市田屋町で同町関係者を交えた除幕式が行われた。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。